カートの中身をみる


全品送料無料

Fig Line


ホーム > Figインタビュー > #1 タカダアキコ

Fig インタビュー

Pre

Next

アーティストイメージ写真

#1

タカダアキコ
AKIKO TAKADA

dancer

アーティスト写真

カダアキコ プロフィール

95年よりMAHA率いるベリーダンスカンパニー「アルカマラーニ」にて10年間、ダンサー、パフォーマー、 振付師、ダンス講師、衣装デザイン、舞台演出等の経験を積む。06年、独立。フリーランスに。ベリーダンス の胴体のうねりを特化した、蛇の様な動き、曲芸的な要素や気持ち悪さ、美しさ、音を奏でる様なダンスを目 指し、様々な場所や様々な演奏家とパフォーマーと舞台をともにする。

URL: http://www5.ocn.ne.jp/~yosuke/akiko/

Fig:DVD発売おめでとうございます!
今までにアキコさんのWSを受けた方や実際にパフォーマンスを見たことがある方は ご存知だとは思いますし、このDVDで
始めてタカダアキコを見た方は感じたと思いますが体、すごく柔らかいですよね?
昔から柔らかかったんですか?

タカダアキコ ▼(少し悩んで)う〜ん、、、まぁまぁ柔らかかったかな。
昔ねサーカスに売られたかったから、
小さい時からお酢飲んでたし自己流でストレッチはしてたなぁ。
でもそのストレッチのやり方、今考えたら間違ってたんだけど(笑)

Fig:それって高校生の時?

▼ううん、小学生の時。
空も飛べるって思ってたからベットのスプリンク利用して
飛ぶ練習とか。 そんな事ばっかり考えてた小学生でした。

Fig:昔から踊りはやってたんですか?

▼ 踊りもしてなかったし体育も「2」

Fig:「2」?それは意外です。ちなみにアッコさんって絵とかも上手いけど美術は?

▼美術、、、、「3」 1
学校嫌いだったけど中学卒業後、一応高校は行ったんだけど
高校の時の記憶って全然ないんだよね。。。。
高校の時っていうよりも最近の記憶すらない、最近踊った現場の
記憶も無いよ(笑

Fig:それって違った意味でヤバイと思うんですけど〜(笑
え、でもさすがに最近、ここ2年以内の現場(イベント)で 印象に残っている現場ってあるでしょ?

▼う〜ん。。。。 それもない。
あ、ていうかそれはね覚えていないんじゃないの。
覚えているんだけど思い出さないようにしているといった方がいいかも。

Fig:何で?

▼もしその時の現場のミュージシャンともう一度共演する事になった時に良かった記憶思い出したら緊張しちゃうから。
だからなるべく昔の思い出は抹殺するようにしているんだ。

Fig:アキコさんでも緊張するんですね。
ちなみにアキコさんってベリーダンス以外のミュージシャンと共演、主にアラブ音楽ではない
即興の演奏に合わせて踊ることも多いですがそれって何か特別な事ってありますか?

▼ベリーダンスはベリーダンスで, 楽曲や音階や微分音の美しさが素敵。
即興の現場で一緒にやるときは、音とか気配とか瞬発力が半端ないので
こちらもそれを拾って音を変換して体で表現するのがモノスゴク楽しい!
会話してるみたい。

Fig:1か月でこなす現場はベリーダンス含めて凄く多いにも関わらず、
毎回色々な衣装やメークを見せてくれるからそれを楽しみにしているお客さんも多いと
思うんだけどそのイメージのってどこから湧くのですか?

▼わかんない〜。何だろう。
あ、でもねこの前完全ベリーダンスのイベントに出た時にオリエンタルの衣装着て ガックリ来たの!

Fig:何で?

▼オリエンタルの衣装が似合わな過ぎで。
ああいうオリエンタルの衣装ってムッチリしているほうが似合うような気がするのね。
でも私って胸ないしガッツリしてるからさ、結局ブラに靴下詰めといたけど(笑

Fig:いやいやそんな事ないって!この前の8月のベリーダンスフェスティバルで着ていたシムの衣装(トルコの
オリエンタル衣装ブランド)綺麗だったしすごく似合ってましたよ。
とにかく衣装のセンスは抜群ですよね。

▼ありがとう。

Fig:毎回衣装変えてくるのは、特別何か意識をしているんですか?

▼あんまりしてないよ。
っていうか私ちゃんとした衣装持ってないだけ。
例えば髪の毛とかもそうでね、直毛で何もしなくても綺麗な人は何もしなくていいから
アレンジの方法とか知らないけどそうじゃない人は工夫が必要でしょ?
だからアレンジ方法知ってるんだと思う。
その衣装版って感じかな。
兎に角オリエンタルの衣装が向いているのって「くびれ」
とか女らしさとかそういうものだと思うんだけど、
私みたいにそれが少し足りない人が踊ってお金取るには工夫するしかないんだ。
だからこうなってる。コンプレックスが工夫にになる!

Fig:その積み重ねが今に至る?と。

▼そうそう。
それも現場に行かないと分からないから前日に用意とか殆どしないけど

Fig:えーーーーー!!あの衣装とかメークとか現場で決めるの?

▼当時の朝「やばいやばい!」ってなって色々かき集めて現場に持っていくの。
逆に準備して着々と進めるってできないタイプなので、でもそれって慣れ。
瞬発力(笑

Fig:慣れ、、、瞬発力か、、、、私だったら絶対ムリだな。。。
そう、前にも聞いたけどジャズとかバレエやってたことないんですよね?

▼うん。
あ、逆に小さい時にクラシックバレエはやってなくてよかったと思っています。

Fig:それはまた何で?

▼これは誤解して欲しくないんだけど、
バレエやっていたのが駄目って意味では全然なくて、 ただ単純にバレエやっていると上に伸びてゆくので ドテッとした、
土っぽいゴチャっていう味が出せないっていうか。。。。
ベリーダンスって地に足がついた踊りで上へ上へ行くタイプでは無い気がする。
だから。
バレエの人でも重心変えられる人ももちろんいると思うけど、
自分はとりあえず、ベリーだけで、 バレエに軽くコンプレックス持ってるくらいがちょうど良いかなと。

Fig:あ、でもそのゴチャっていうの分かるかも。
しかもその言葉、私みたいに昔バレエなんてやってなかった人にとっては凄い励みになるなぁ。。
。 そんなベリーダンスがここ数年流行っているけどその事はどう感じていますか?

▼素直にいい事だなって思ってて、、、
欲を言えば踊り見てもらって自分もやりたいと思ってもらいたい。 昔ベリーダンスを習い始めて、少しづつ人に教えたり
ショーに出たりしてお金を稼げるようには なったけど、ベリーを始める前にやってた水商売に比べたらベリーダンスで
稼げるお金はて4分の1まで 収入下がっちゃった。
でも当時は若かったから大丈夫だったし、とりあえずこれからもずっと続けてはいきたいと思っています。
だからみんなにもきっかけはどんなミーハーな気持ちでも単純な動機でも何でもいいんだけど
最終的には自分の考えをしっかりもって、すぐにやめたりしないで出来る限り続けて欲しいとは思う。

Fig:ベリーダンスをこれからも続けていくにあたって何かありますか?

▼踊りって音を体って言うフィルターを通して表現しているっていう事だと
思うのでそれを意識して踊って欲しいかな。。。。
自分大好きでも構わないけど、独りよがりなダンスはつまらない。
「踊り」を極めたいなら中途半端に音楽に頼っちゃやだし、
「音楽」が好きなら耳と心と体を開いて音楽を聴いてほしい。
踊りと音楽と、どちらも人間のやってることなので、愛がないとな、と思います。

Fig:最後、何かありますか?

▼お尻の穴は常に閉めてね〜膣と繋がってるから(笑)
でもシミーするときはちゃんと緩める☆これ大事。

Fig:(笑)本日は有難うございました

▼え、、、うそ、それでこのインタビュー締めるの?(笑)

Fig:それがアキコさんっぽくてよくないですか?(笑)

(2009年11月5日 東京)

インタビュー後記

このインタビューはうちの自宅でご飯を食べながら行いました。
ここには書けないような色々な面白い話もでてきましたが基本的に踊りに関係する事を中心にしたので、
行数の関係上カットせざるを得なくて 残念です。
なんでもこなせるアキコさん、実はコンプレックスをバネにしているなんて話を聞いて
自分も頑張るぞ!って勇気をもらったというか。
とりあえずまた機会を設けてもっともっと深〜くタカダアキコワールドを掘り下げてみたいです。
インタビューなど初めてで右も左もわかりませんでしたが、インタビュー後にボイスレコーダーを再生すると、
インタビューしていた時の記憶が蘇ってきます。それが意外に楽しいことに気がつきました。
この企画は定期的に続けていきますので、こんな質問してほしい、などのご要望ありましたら 是非メール下さい!
快くインタビューを引き受けて下さったタカダアキコさんに感謝です。 ありがとうございました。

荻原志帆

 

Next

Back number