只今注文が殺到しているため通常より発送にお時間いただいております。【年末年始のご案内】WEB12/30-1/3、原宿店12/29-1/3までお休みいただきます

カートの中身をみる


全品送料無料

Fig Line


ホーム > ベリーダンスについて

ベリーダンスについて

アイコン近頃はベリーダンスも我々のスタイルが多様化するのと同じく色々なスタイルが見られるようになりました。
基本的なオリエンタルスタイルのなかでもターキッシュとエジプシャンとで違いもあます。

またオリエンタルを基礎としてアメリカ西海岸から発祥発展したトライバルスタイルなど写真付きでご紹介
いたします。

#2 ベリーダンスのいろいろなスタイル

オリエンタル (シャルキスタイル、キャバレースタイルとも呼ばれます)

イメージ写真

写真:エジプト人ダンサーDina

基本的にソロで踊り、しばしば即興で行われます。
もっとも一般的なベリーダンスのスタイルで、レストランやキャバレーなどで踊られることが多く、衣装はおなかを露出したものが主流です。
大きく分けるとエジプシャンスタイルとターキッシュスタイルの2流派があります。

エジプシャンオリエンタル

イメージ写真

写真:Farida Fahmy

エジプトを発祥とするスタイルで優雅で繊細、感情表現が豊かです。
以前エジプトでは、ベリーダンスを規制する法律があり、フロアワーク(床に寝ころんだり、膝や腰をついたりして踊ること)や一部のムーブメント、そして外国人が踊ることが禁止されていました。
そのため、衣装も露出控えめでエレガントなタイプが主流でしたが、最近では自由度が増してミニスカートや体のラインを強調するものなど、多種多様なデザインが誕生しています。

現在のエジプシャンスタイルを確立したパイオニア的なダンサーとしては1940年代に活躍したサミア・ガマールやタヒヤ・カリオカ、ナイマ・アーケフという名前が挙げられます。その後、スヘイル・ザキ、フィフィ・アブドゥ、ナグア・フアドといったダンサーたちの登場により、ベリーダンスの人気に拍車がかかりました。彼女たちはTVや映画に出演して、ベリーダンサーとしてだけでなく、国民的なスターとして活躍し、現在もその人気は衰えていません。

フォークロア (エジプト:バラディスタイルとも呼ばれます)

いろいろな地域の踊りや文化を取り入れたスタイルで、主にグループで踊ります。
結婚式やお祭りなどで披露されることが多く、男性と女性が一緒に踊ることもあります。
衣装はあまり露出の激しくないタイプが一般的です。
「ベリーダンスのいろいろな衣装」ページでいろいろな種類のフォークロアダンスを紹介しています。

ターキッシュオリエンタル

イメージ写真

写真:トルコの国民的スター Nesrin Topkapi

イメージ写真

写真:David Roberts, 1847 Lithograph: The
Ghawazee Dancing Girls of Cairo

トルコを発祥とするスタイルで、ターンやステップを多用したダイナミックな動きが特徴的、ときにアクロバティックでもあります。
エジプトのようなベリーダンスに関する規制がトルコには存在しなかったことから、フロアワークをはじめとした自由な表現が許され、さらにジプシー(ロマ)の文化やヨーロッパの影響を受け、エジプシャンスタイルと対比してモダンな印象もあります。
また、ターキッシュダンサーはジル(フィンガーシンバル)の名手でもあり、また9/8(8分の9拍子)のリズムに合わせて踊ることも多いのでテクニックが必要とされます。

ターキッシュスタイルの衣装といえば、両足に大胆なスリットの入ったスカートというイメージがありましたが、近年はエジプシャンスタイル同様さまざまなタイプの衣装が出現しています。
また、ハイヒールやプラットフォーム(厚底)シューズを履いて踊るダンサーが多く、そのことはエジプトのダンサーたちにも影響を与えています。。

ジプシー(ロマ)スタイル

西暦1000年頃にインドのラジャスターン地方から放浪の旅に出て、北部アフリカやヨーロッパなどへ
たどり着いたとされる民族をジプシー(ロマ)といいます。
彼らは行く先々で各地の文化を取り入れ、独自の音楽や踊りのスタイルを形成していきました。
ベリーダンスでは、主にトルコの8分の9拍子のリズムを使った曲やアンダルシアンなどを
ジプシー(ロマ)といい、衣装も花柄やフリンジなど、普段の洋服に近いものを身につけます。

トライバル

イメージ写真

トライバル(Tribal)とは「民族的な」という意味を持つ英語で、ベリーダンスにおけるトライバルスタイルは民族舞踊にインスパイアされたダンスといわれており、筋肉のアイソレーション(体の一部位を独立させて動かすこと)や流れるようなムーブメントにより視覚的に人を惹き付けます。
1960年代にアメリカ西海岸ではじまり、それまで主流だったオリエンタル(キャバレー)スタイルとは一線を画した表情、動き、衣装で年々愛好家を増やしています。

アメリカントライバルスタイル(ATS)
1980年代後半に『FatChanceBellyDance』代表のキャロリーナ・ネリッキオが誕生させたアメリカントライバルスタイル(ATS)は北部インドや中東地域、アフリカをはじめ、ありとあらゆる文化を融合させたスタイルともいわれ、息の合ったグループでのパフォーマンスが特徴です。

トライバルフュージョン

イメージ写真

近年人気の高まっているスタイルとして、フラメンコやバレエ、バーレスク、フラフープ、そしてヒップホップなど様々なスタイルやテクニックをベリーダンスと融合させたトライバルフュージョン(もしくは単にフュージョンといいます)があります。
衣装も音楽も自分のセンスで組み合わせることができ、決まったルールはありません。
自由な発想で楽しむことのできる新ジャンルです。